• Uncategorized

    花をいける

    華道というと、堅苦しいイメージがあるかもしれません。確かに作法を学ぶにあたっては、それなりの覚悟と緊張は必要になるでしょう。しかし初心者が最初に体験すべきなのは、花との触れ合いを楽しむことです。触れ合うといっても、わざわ…

  • Uncategorized

    華道の世界

    華道も含めた伝統文化に対する関心が高まっていた時期は、高度経済成長の中で今一つ充たされない精神性を、華道や茶道に求める心理があったのでしょう。では現在はどうかと考えると、日本人が内に閉じこもって満足する時代ではなく、世界…

  • Uncategorized

    生け花チャレンジ②

    最近、もっぱらの日課と言いますと、フラワーアーティスト、華道家、いけばな作家などと呼ばれる先生方のインスタグラムの作品を眺めることになっています。見よう見まねで、生け花にチャレンジしてみたいと考えた私が、まずは道具を揃え…

  • Uncategorized

    生け花チャレンジ

    「生け花」が敷居の高い手習いだと思い込んでいた私が、思い切って「生け花」の世界に足を踏み入れてみた記録を残しておきたいと思います。テキトーな性格も手伝って、乱雑な文章となるかもしれませんが、私が生ける花々も、どちらかとい…

  • Uncategorized

    冠婚葬祭の花

    実際にフラワーアーティストの作品などをサイト上などでいくつか見比べてみると、その多彩な表現にオリジナリティの追求というものを強く感じるのではないでしょうか。ほとんどのサイトの窓口は、ウェディングに関連するサイトが多く目に…

  • Uncategorized

    マイスタイル

    フラワーアーティストとして働く雇用形式には、ホテルやレストラン、結婚式会場や葬儀会場の専属スタッフとして、正社員または、契約社員として雇用される形式や、アルバイト、パート職員などとしての形で、ある程度の自由度の高いワーク…

  • Uncategorized

    職業として見る

    今日は、フラワーアーティストと呼ばれる職業について、お話してみたいと思います。他にも「華道家」「いけばな師」「フラワーデザイナー」などと多様に呼ばれる、草花の専門家たちは、どのような活動をしているのか興味を持った事はあり…

  • Uncategorized

    お花のちから

    皆さんにも、日常から喪やハレの日などにおいて、お花の存在を身近に感じさせてもらえるようなお花屋さんとの出逢いがあるでしょうか。最近では、葬儀などで菊を顕花するのではなく、故人の思い出深い花々を捧げるというような弔いの形も…

  • Uncategorized

    いけばなの位置と剣山

    いけばなを始めるときには、「位置」が非常に重要です。いけばなは、どの視線で見るのかによって、空間が変わってきます。本来であれば「いけばなの作品を飾る場所」で生ければ雰囲気が分かりやすくなりますが、実際の場所で生けることが…