Uncategorized

心を草花で表現した人々

西洋の文化が色濃く前面に出された作品作りを行う、フラワーアーティストや、デザイナーたちのフラワーアレンジメントや、フラワーデザイン作品とは異なり、日本の「生け花」は、剣山などの、特殊なユニークな道具を使い、独自性のあるルールを設けています。華道などで、多く用いられる、多様な道具は、その用途などに合わせてたくさんの種類があるのも特徴です。昔から人々は、これらの道具を使い分けて、様々な美しい花々を生けてきました。そのような生け花の道具として、代表的なものとするのが、剣山とハサミやなどになります。特に剣山の存在によって、日本の生け花は、その独特な表情を見せることができます。最近ではオアシスなど言われる、吸収性スポンジなども使われるようになり、西洋的なデザインの取り入れも増えてはおりますが、生け花の中でこの剣山を使うことで、より日本の風土や季節を表すことができるのではないでしょうか。生け花は、季節を生けるなどとも言います。日本にある春夏秋冬の移り変わりを、楽しむ人々の心に映る、その情景らを先人たちは、うつくしみ草花を愛でるように、生けてきました。昨今では、季節とは関係なく温室などで育った、様々な草花が一年を通して、手に入るようになったこともあり、生け花に季節感が失われつつあるなどとも言われることがありますが、季節を愛し、日本の風土を愛し、その心を草花で表現した人々の気持ちも生け花の中に繋いでいきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です