Uncategorized

茶花の学習方法

茶花は華道のレッスンで学ぶことが出来ない以上、茶道の学習の一環として覚える必要があります。ただ茶花を学ぶためだけに、茶道の全てを履修するのは大変でしょうから、茶花専門のスクールを利用するのも選択肢です。そちらでは茶花に関する知識を効果的に学習することが出来ます。実は茶花は素朴な作品に見えますが、その背景には、作成者の深い教養が眠っています。茶道の歴史や各種古典、文芸への深い造詣が物を言うわけです。一朝一夕で身に付けられるものでもないため、本格的に学習したい人は覚悟する必要があります。  ところで茶道には基本的な作法として、真、行、草がありますが、これらは茶花にも適用できるものです。花をどのように入れるのか、花入れの素材の選択といった点にも気を払わなければなりません。こうしたルールに加えて禁花も定められていますから、人によっては生け花より大変だと感じることもあります。それでもお茶会を成功裏に終わらせたいのであれば、茶花に関する知識習得を避けて通ることはできません。  ところで花材選びは、初心者にとっては悩みの種です。慣れてくれば適切な花を選べるようになりますが、最初は全く分からないはずです。そこで、初心者でも生けやすい花をご紹介したいと思います。これらの花の特徴は、入手し易いこと、安価であること、花と葉の向きが分かりやすいこと、枝分かれが少ないこと、個性的であること等です。枝分かれが少ないとハサミで形を整える作業が楽になりますし、個性的であれば、それだけで主張が強いものになり、作品として栄えることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です