Uncategorized

冠婚葬祭の花

実際にフラワーアーティストの作品などをサイト上などでいくつか見比べてみると、その多彩な表現にオリジナリティの追求というものを強く感じるのではないでしょうか。ほとんどのサイトの窓口は、ウェディングに関連するサイトが多く目に付きますが、実際には、一般の依頼や受注がウェディング関連である事が多いためでしょう。しかし、覚えておいていただきたいのは、フラワーアーティストの仕事内容はウェディング関連だけには留まらないということでしょう。実際に、フラワーアーティストになるための転職セミナーなどに参加してみると、ウェディング関連のフラワーアーティストを目指す人が多いのは否定できませんが、それは、ウェディングの明るい雰囲気や、人々が喜ぶ姿に直結する意味合いからと考えられるでしょう。もちろん、やりがいのある分野であることは間違いないでしょう。同じ冠婚葬祭では、葬儀という舞台もあるでしょう。最近は家族葬などと呼ばれる葬儀の形式に人気が集まり、葬儀の形式自体も自由なスタイルが求められるようになったようです。葬儀場の装花と言えば顕花として、主に菊の花がメインでありましたが、最近は、故人を偲んで、故人の好んだ花を会場内に飾りつけしたり、故人が生前から葬儀の形式や顕花の花束の種類をコーディネートするようなケースも出てきているようです。家族に訃報があると、急な準備をしなくてはならなくなるので、生前葬で形式的な葬儀は済ませてしまう人々も、自分の葬儀という事で、従来からの顕花として菊の花ではなく、好きな花に囲まれた会場作りを求める声もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です