Uncategorized

マイスタイル

フラワーアーティストとして働く雇用形式には、ホテルやレストラン、結婚式会場や葬儀会場の専属スタッフとして、正社員または、契約社員として雇用される形式や、アルバイト、パート職員などとしての形で、ある程度の自由度の高いワークスタイルや、個人としてのスタイルを貫くフリーランス的な働き方などがあるようです。フラワーアーティストに転職したいと考えるにあたっては、まずどのようなワークスタイルを、自分自身が求めているのかを探った方がよさそうです。実際、生花店などで、アルバイトをしながら、草花の基礎知識を学んだ後に、正社員として雇用されるケースや、生花店の売り場で学んだ知識を活かして、フリーランスとして働くようなワークスタイルを選択する人々も多いようです。フリーランスとして働く職場も幅広く、個人の生花店を経営しながら、作品や管理等の依頼を受注したり、専門学校やフラワースクールの講師として務める人々もいるようです。また大手の専門学校や、フラワースクールに所属せず、レンタルスタジオなどを利用して、個人的にフラワーアレンジメントのワークショップなどが、最近は注目を集めてもいるようです。フラワーアーティストとしてのセンスや技術が、幅広く認知されると、その技術やデザイン方法を直接学びたいという声が多数集まる事もあり、SNSなどでの自身の作品の拡散から顧客を得たり、ワークショップなどの依頼が入る事もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です