Uncategorized

職業として見る

今日は、フラワーアーティストと呼ばれる職業について、お話してみたいと思います。他にも「華道家」「いけばな師」「フラワーデザイナー」などと多様に呼ばれる、草花の専門家たちは、どのような活動をしているのか興味を持った事はありますか?先日、フラワーアーティストに転職したい人たちの集会に参加してみてから、フラワーアーティストという職業について、もう一度考えを深めてみようと思いました。一般の方から考えると、もちろん簡単な転職ではない事は承知の上ですが、フラワーアーティストたちの活動をもとに、転職への可能性をも考えてみたいと思います。フラワーアーティストたちの主な活動は、ウェディング関連の装花や、葬儀会場での装花などが一般的に良く知られる活動ではないでしょうか。その他には、レストランの装花の企画や管理、また、レストランや飲食店だけに留まらず、ホテル全館における植木や花々のコーディネート、イベントなどに関する依頼案件に対しての企画書を作成したり、大掛かりなイベントやコンサートなどのステージデザインや、テレビの番組作りの中でのフラワーアレンジメントなど、通常の暮らしの中では目立たないバックヤードのお仕事としても幅広い分野からその活躍を求められているようです。フラワーアレンジメントに関する資格や検定はいくつかありますが、特に特別な資格や検定を取得せずに活動をする人たちも多いようです。草花に関する基礎知識を得る為に、フラワーアレンジメントやデザインに関する専門学校や専門スクールに通う人も居るでしょう。その人たちは、その過程の中で資格や検定を受検する機会を得る事が多く、自身の目標として資格取得のために受検するケースもあるようです。資格や検定を取得する事は、就職活動に活かされたり、フリーで活動する人たちにとっては、有益とも考えられるでしょう。しかし、特別な規定に縛られる事なく、活動できるというのはフラワーアーティストという職業の幅広さと言えるでしょうが、個人の技術やセンスを問われるという面では日々精進の必要な仕事と言えるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です