Uncategorized

華道の発展の原動力

なぜ華道は適切な形で発展をすることができたのかといえば、担い手の数がもともとおおかったということがその大きな理由の一つとして挙げられることは間違いないことであるといえるのではないでしょうか?

結局のところ、たくさんの流派が存在したことから、たがいの流派が切磋琢磨することでたえず厳しい競争原理が生まれていたわけです。

このような中では、十分にオリジナリティを発揮して流派のイニシアティブを握ることができなかったものは淘汰されてしまい、結果として、より洗練されていったことは間違いないと言えるでしょう。

そのような様々な流派の中には、異文化の流入によって生活様式が変化した際にそれに応じて華道のスタイルやプリンシパルを変えることを拒んだ流派もあり、伝統と異文化の衝突こそがこの日本古来の芸術を洗練させたことは間違いないといえるのではないでしょうか?

けっきょく、現代に残存している流派は三十を超えるとも言われており、十分な数が残存しているとも言われているものの、残念ながら元々の細かな制限や束縛によって守られていた華道は失われつつあることは間違いありません。

そして、それを象徴するものとして挙げられることも多いのが、「自由花」とよばれる、斬新な華道のスタイルであり、花を様々なとりきめや約束に応じて縛るのではなくて、全くオリジナルに花を活けてみようと考える作法も出てきたということは驚くべきことであると考えられるのではないでしょうか?

空間を彩る手段としての生け花は多種多様に発展しており、海外では日本の華道が持ち込まれて、さらなる発展を続けているということもあるわけですから、今後も注目度は高いまま推移していくのではないかと考えてよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です