Uncategorized

伝統芸能と華道

様々な束縛の中で、花をくんでいく技術が試される伝統芸術においては、その制限や束縛こそが芸術を推しすすめる第一歩となるという機運をかんじさせるものであり、制限こそが芸術を爆発して昇華させるトリックであると述べている人もいるほど重要視されていたわけですが、残念ながら、最近ではこまかな約束事や束縛を全て取っ払った形であたらしく花を再構成するという形がとられることが多くなってきたわけですね。

このような段階においては、華道がまた異なる芸術へと変化するチャンスであるとも考えられるわけで、これまでは華道が挑戦することがなかったテーマや、場所へと進出することができる大きなきっかけになっていると言えるわけです。

その例としてあげられるのは、最近でもインターネットやテレビのドキュメンタリーで注目を集めている、「パーティ会場の演出」であるといえるのではないでしょうか?

このような場合、そのパーティの趣向やおもむきに合致するような形で花を組まなくてはならないため、通常の華道や生け花の常識が通用しないため、難易度が非常に高いというふうにも言われることがあるようですが、結局のところ、それらの伝統を生かした考えがベースになっていることをかんがえれば、日本の伝統を反故にしているという一部の批判はまったくまとはずれなものであり、むしろ文化の発展とすら言うことが出来るのではないかとかんがえられなくもありません。

全ての空間をアートが占めるということになれば、日常生活にもはりがでてくることにつながりますし、注目度も集まるというふうにいえますから、結果として、過剰ともいえる華道の新出が文化と伝統の継承に役立っているということは間違いないと言っていいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です