Uncategorized

生け花と季節

生け花には様々な流派が存在しており、その流派によって、枝や茎や葉っぱの呼び方も大きく異なり、生け花そのものの校正方法も大きく異なるなど、基礎的なルールすら異なっている場合があるということを 覚えておくのが良いのではないでしょうか。

特に、この中で重要となってくるのが、季節とうまく花を合わせるという感覚を持ち合わせることが重要であるという風に言われています。結局のところ、いくら生花の技術を向上させたとしても、はるなつあきふゆの季節がはっきりとしている日本においては、その季節その季節での花をうまく活用する技術を向上させなければ、意味がありません。そのため季節を感じるセンスを磨くということも何よりも重要ですし、植物にはそもそも本来最もその植物が輝く季節というものがありその季節に合わせて作品を作っていくということが重要であると考えられるのではないでしょうか。

当然のことながら季節に合っているからといってその花々がすべて使用できるわけではなく、全体との調和のバランスの中で活用するということが何よりも重要であり、色彩豊かな花をうまくまとめ上げる技術も求められているという点でフラワーアーティストに求められているものが感覚やセンスであるということは間違いないかもしれません。

ただ、どの指南書などを見てもわかるとおりどれとどれを組み合わせるのはだめでどれとどれを組み合わせるのが良いというようなことは書かれていないため、自分自身のセンスに従って作り上げることが重要になっているという点も、いささか初心者にとってみれば、難しいものであるというふうに考えられなくもないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です