明治頃の華道

明治の時代になると、西洋の様々な新しい文化が日本に流れ込むようになり、伝統的な考え方が吐き捨てられるようになってしまったことも、 一つの事実であるという風に言えるかもしれません。

ですが、特に関西の方などでは女性に対する生花教育が徹底されたこともあり、生け花は女性の間で広められたことで、現在まで残ってきたという風に言い切ってしまってもいいくらいに女性によって担われていた芸術の、珍しいものの一つであるという風に言えるかもしれません。

文明開化に伴う古い伝統の打破というものもあったわけですが、そのような中で、積極的にこれを保護し発展させようとした人々がいたということは、忘れてはならないと考えられるわけです。

しかし、一方で従来の生花よりも一層自由に花を飾るという動きもあったようですが、あまり現代には、このような形は残っていないという風に言われているようです。